戻る 前へ 次へ トップページへ

 

2017年

≪宿泊

【5月】

★青森県十和田市
★十和田湖町 【現・十和田市】
★新郷村
★田子町
★三戸町
★南郷村 【現・八戸市】
★岩手県軽米町
★二戸市
★一戸町
★葛巻町
★岩手町
★玉山村 【現・盛岡市】
★滝沢村 【現・滝沢市】
★盛岡市
★湯田町 【現・西和賀町】
★和賀町 【現・北上市】
★花巻市
★紫波町
★大迫町 【現・花巻市】
★秋田県鹿角市
 ほか

 

    

 

・1日目・2日目 軽トラ  晴(関西) 晴(北陸)
自宅―車中泊(新潟市)―車中泊(七戸町)

・3日目 軽トラ  晴
停泊地―長久保柳沢小増沢泥淵漆畑開拓高間木蝦夷舟高森開拓第二生内開拓第四生内開拓野々沢上指久保二ノ倉菅場―車中泊(新郷村)

・4日目 軽トラ  晴のち雨 (夕方晴
停泊地―団子差文長川原湯ノ沢青比良滝ノ又寺久保藤木―八戸市立図書館―車中泊(田子町)

・5日目 軽トラ  晴
停泊地―金堀沢轡沢岡谷地菅田―(祝沢)―東山長七谷地筋違―世増ダム関連(世増畑内水吉)―車中泊(二戸市)

・6日目 軽トラ  晴
停泊地―駒木大清水中沢鳩ノ巣船田楢館小村夏間木―車中泊(鹿角市)

・7日目 軽トラ  晴
停泊地―赤沢元山細地四角鉱山―車中泊(葛巻町)

・8日目 軽トラ  晴のち雨
停泊地―横沢内安孫鴨屋敷十良沢堰沢藤倉梨の木平奥通―旅館にて宿泊(盛岡市)

・9日目 軽トラ  晴時々雨
宿―盛岡市立図書館―糠森長田―車中泊(岩手町)

・10日目 軽トラ  晴時々晴
停泊地―道白小松久保沢内八前相ノ沢沼ノ沢先達芦ヶ沢山東大久保猿川―四十四田ダム関連(松屋敷川前川又川口平)―車中泊(湯田町【現・西和賀町】)

・11日目 軽トラ  雨
停泊地―元山大荒沢本内杉名畑―高畑―旅館にて宿泊(湯田町)

 この日は「廃校廃村」の権威HEYANEKOさんとの共同探索初日。JR北上線のゆだ錦秋湖駅で待ち合わせし、大荒沢以降は合同の探索となりました。
 このうち高畑(たかはた)は沢内村【現・西和賀町】の廃校廃村です。天候が優れない中
これといった痕跡も見つからず、二人で諦めて現地を後にしようとしたところ、最後の最後で往時のサイロ跡を見つけることができました。これにはHEYANEKOさんも満足した様子で、私も形ある収穫にほっと胸を撫で下ろしました(ここではレポートを作成していませんが、高畑の詳細はHEYANEKOさんのウェブサイト(HEYANEKOのホームページ)をご覧ください)。
 ところでHEYANEKOさんは、高畑の聞き取りの際に寄った小規模な産直店でギョウジャニンニクの鉢植え(ポット)を購入していました。長旅で弱ったりしないか、帰路での荷物にならないか、お節介で少し心配してしまいましたが、帰宅後も無事に家の菜園に落ち着いたそうです。細かいことは気にせず、思ったことは即行動というところはHEYANEKOさんの味なのかもしれません。
 夜はHEYANEKOさんが私の意見を取り入れ予約してくれた温泉宿に宿泊。落ち着いたら楽しく酒を…といきたかったのですが、どうも私が疲れてしまったようで終始不愛想になっていたと思います。HEYANEKOさん、こんな私ですみません。

・12日目 軽トラ  晴時々晴 (鷲合森は雨
停泊地―鷲合森―(雫田卯根倉)―真名板―(小花)―大水上長松―赤石鉱山―廻戸無地内―車中泊(湯田町)

 HEYANEKOさんとの合同探索2日目。赤石鉱山の訪問でHEYANEKOさんとの同行は終了し、JR北上線のほっとゆだ駅で見送りです。次回お目にかかるのはいつになるでしょう。
 さてこのほっとゆだ駅ですが、どこかで見た看板では「安心湯田站」との中国語訳が添えられていました。おそらく公式のものなのでしょう。そもそもは温泉の温かさの「ホット」と「ほっとする」とを掛けた言葉遊びと思われますが、この字を充てたのも苦心の末だったのでしょう。
完全な翻訳はなかなか難しいものです。

・13日目 軽トラ  雨
停泊地―入畑沢曲綱取水沢―車中泊(和賀町)

・14日目 軽トラ  晴時々晴 (時々雨
停泊地―(土場)―小花大石豊沢幕舘桂沢上切留岩名目山王海―車中泊(石鳥谷町【現・花巻市】)

・15日目 軽トラ  晴
停泊地―
―早池峰ダム関連(落合覚久廻高森狼久保)―保坂―簗川ダム関連(細野片貝)―上貝田滝ノ沢一ノ渡―岩洞湖ダム関連(小石川外岩洞柏木大橋長板)―柴沢―車中泊(玉山村)

・16日目 軽トラ  晴
停泊地―
上屋敷畑屋藤脇田麦木影市小塚尾平細金青部引木―車中泊(石鳥谷町)

・17日目 軽トラ  晴
停泊地―車中泊(新潟市)

・18日目 軽トラ  晴
停泊地―(角海浜)―長岡市立中央図書館―油坪―車中泊(福井・河野村【現・南越前町】)

・19日目 軽トラ  晴
停泊地―自宅

 

【8月】

★山口県岩国市
★美川町 【現・岩国市】
★周東町
 【現・岩国市】
★錦町 【現・岩国市】
★鹿野町 【現・周南市】
★徳山市
 【現・周南市】
★下松

 

1日目 軽トラ  晴
自宅―車中泊(広島・廿日市市)

・2日目 軽トラ  晴時々晴
停泊地―中津開作車開作池ノ内深谷上小郷大谷高佐手獺倉地吉―車中泊(美川町)

 今回の目的地山口県は、昨年の8月に計画するも不本意な結果に終わってしまった場所です(2016年8月参照)。昨年お世話になったガソリンスタンドでお礼に給油…といきたかったのですが、直前で店に気付いたことや対向車線に面していたこともあり、心の中で感謝しつつ通過するに留まりました。

・3日目 軽トラ  晴
停泊地―床原日提谷―(木戸)―小杉扇野平本平井方清代明見谷―車中泊(美川町)

・4日目 軽トラ  晴のち雨
停泊地―柴庵常灯畑鹿場谷岩屋道切高固屋六呂木―ビジネス旅館にて宿泊(岩国市)

・5日目 軽トラ  雨のち晴
宿―岩国市立中央図書館
―車中泊(美川町)

・6日目 軽トラ  雨のち晴
停泊地―沖山打道猪ノ谷故郷谷白口―車中泊(美川町)

・7日目 軽トラ  晴時々晴
停泊地―草井谷杉谷―(田迫)―山手大久保後畑一升谷車中泊(徳山市)

・8日目 軽トラ  晴
停泊地―一ノ谷土地谷駄床開作境目高垣―菅野ダム関連(渡瀬神主唐櫃観音平平瀬下古津瀬戸菅野川久保)―車中泊(広島・竹原市)

・9日目 軽トラ  晴
停泊地―自宅

 

【11月】

★新潟県朝日村 【現・村上市】
★関川村
★山形県小国町
★飯豊町
★川西町
★米沢市
★長井市
★白鷹町
★南陽市
★上山市
★朝日町 ほか

 

    

1日目 軽トラ  晴(〜滋賀) 雨(滋賀〜)
自宅―車中泊(新潟・朝日村)

・2日目 軽トラ  晴時々雨
停泊地―海田蒲萄鉱山三面柳生戸内須川―車中泊(朝日村)

・3日目 軽トラ  晴
停泊地―上ノ沢越戸玉川口北山小倉極楽赤沢豆納沢中市野々―車中泊(小国町)

・4日目 軽トラ  晴
停泊地―綱木高坂明沢高松森残綱川屋敷清明―(嬉ヶ沢)―車中泊(飯豊町)

・5日目 軽トラ  晴のち晴 (一時雨
停泊地―(嬉ヶ沢)―小山湯小屋安導寺中ノ沢洗尾大鹿南洗尾矢渕小坂須郷菅沼―(沼ノ沢)―塚田
―車中泊(米沢市)

・6日目 軽トラ  晴時々雨
停泊地―水窪中荒井前ヶ沢温井高明荷沢袖ノ沢琵琶ノ郷室ノ沢越戸沢大平―(新沼・高畑)―車中泊(飯豊町)

・7日目 軽トラ  晴
停泊地―木地山桂谷前野外沢矢ノ沢笹子平焼ノ平青井流泥部小倉沢民宿にて宿泊(上山市)

・8日目 軽トラ  雨
宿―山形県立図書館―車中泊(山形市)

・9日目 軽トラ  晴時々晴
停泊地―仁田沢内山黒森水林打越荒山中平日影栃窪―車中泊(白鷹町)

・10日目 軽トラ  晴
停泊地―一ッ沢木川横岫焼野荒沢勝生嶽原―車中泊(新潟・糸魚川市)

・11日目 軽トラ  雨(〜奈良) 晴(奈良〜)
停泊地―自宅

 

12月-2018年1月】

★高知県大豊町
★愛媛県小田町 【現・内子町】
★広田村 【現・砥部町】
★砥部町
★松山市
★北条市 【現・松山市】
★玉川町 【現・今治市】
★重信町 【現・東温市】
★丹原町 【現・西条市】
★西条市
★新居浜市  ほか

 

    

 

1日目 軽トラ フェリー(フェリー)  晴
自宅―和歌山港
―徳島港川又明嘉再訪小法師梅野―車中泊(小田町

・2日目 軽トラ  晴
停泊地―(柾小屋)―平川淵首桶小屋六郎温水ハナツキ熊藪畑谷野地所藪見残
―車中泊(広田村)

・3日目 軽トラ  晴時々晴
停泊地―弘法師宮ヶ成黒岩樽味谷小屋大河内閏谷
―車中泊(玉川町)

 この日はとある山道を歩いていると、路肩の下に複数の不自然な形の石がいくつも落ちていました。よくよく見るとそれらは石仏で、どうやら路傍に祀られていたものが何かの拍子に転がり落ちてしまったようです。付近にはイノシシが掘り返した跡が見られたので、おそらくは彼らの仕業なのでしょう。いったんは素通りしたものの、私はこれを見過ごすのは忍びなくなってしまい、道下に降りて1体1体持ち上げなんとなく元あった場所の近くに並べてみました。先ほどまでの石ころのような姿とは打って変わって、なかなかありがたみがありそうな雰囲気です。そのまま見過ごしていたら、心のどこかにすっきりとしない気持ちが残ったことでしょう。
 昔話よろしく、大晦日の夜にお礼の品物を携えて…などと考えてしまった私は心が汚れています。

・4日目 軽トラ  晴のち一時雨
停泊地―大本山神原田下木地竹ヶ成上木地金山
前黒滝奥黒滝―公共宿にて宿泊(松山市)

・5日目 軽トラ  晴時々晴(以下2018年)
宿―程野―(御所)―清水饒藪再訪―(中丁子
―車中泊(小松市)

 この辺りから再訪の場所が多くなるのですが、これらは帰宅後にフィルムを紛失し記録が残せなかった集落等です(2008年8月参照)。当時はこの趣味を始めてまだ時期が浅かったこともあり、知識や装備など様々な面で不十分でした。今回は再訪する先々で新しい発見があったり、行き方の見当すらつかなかった場所の訪問が叶ったり、手際良く回ることができたり…。およそ10年間、経験の差は大きいものです。

・6日目 軽トラ  晴
停泊地―楠窪―(神部再訪影浦再訪角立再訪岩井谷戸石再訪岩勝途中ノ川再訪
―車中泊(小松市)

・7日目〜 軽トラ フェリー(フェリー)  晴時々晴
停泊地―再訪菖蒲再訪小屋峯保野再訪種子川大多羅弓苧
―徳島港―和歌山港―自宅

 

 

≪日帰り

【2月】

佐田再訪中ノ俣再訪(和歌山・大塔村【現・田辺市】) 軽トラ  晴

 

 上記2箇所は、殿山(とのやま)ダム(通称・合川(ごうがわ)ダム)の建設に伴う影響を受けた集落です。この時の仕事現場が大塔村【現・田辺市】九川(くがわ)地内であったため、毎日水位が低くなったダムを横目に通勤していました。様子が変わった集落を確認するのに、良い機会です。

 

戻る 前へ 次へ トップページへ