戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆下古津(しもごつ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「徳山」(昭和21.11)を使用したものである

所在:周南市須々万奥(すすまおく)
地形図:菅野湖/徳山
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約240m(水面は約270m)
訪問:2017年8月

 

 大字須々万奥の南東部、錦(にしき)川沿いにある。現在は菅野(すがの)ダムの人造湖(菅野湖)に水没。
 集落は渡瀬(わたせ)橋から国道434をおよそ700mほど東に進んだ、川が大きく蛇行した部分。完全に水没しており、遠景を望んだのみであったが往時の痕跡は確認できない。
 読みは聞き取りおよび「角川」の小字一覧による。
 『須々万村風土誌』によると、地名の由来は「錦川の上流隣村長穂村に古津の地名ありよつて下流なる本村に下の古津即ち下古津と称す」。

 


(写真1 菅野ダム)

写真2 集落付近遠景

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ