戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小村(こむら)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「一戸」(昭和22.2)を使用したものである

在:二戸市似鳥(にたどり)字楢館(ならだて)
地形図:一戸/一戸
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約260m

訪問:2017年5

 

 大字似鳥の南西部にある楢館の南およそ500m、沢内の北およそ600mほどに位置する。
 訪問は安比(あっぴ)川沿いの浅石(あさいし)集落より、楢館を経由。地形図に記されている破線の道を利用。最近の地図でも記載されている墓地の付近に降り口がある。墓地は管理されているが、当地由来のものであるかは不明。確認できたものは下斗米家。
 
集落内で特定できた屋敷跡は1箇所だが、農地跡と思われる平坦地も見られる。
 
なお墓地の辺りまでは車道が通じ、これを利用するほうがはるかに訪問しやすい。この道はおそらく八前付近から通じていると思われる。
 付近で伺った話では、もと2軒。読みもここで確認。また所属の小字は資料『二戸市の地名』に拠った。

 


写真1 墓地にて

写真2 同

写真3 同

写真4 墓地付近の庚申塔。「文化十」「廿三夜」などとある

写真5 墓地付近より八戸自動車道(沢内橋)を望む

写真6 集落内の道

写真7 屋敷跡

写真8 屋敷跡にて

写真9 屋敷跡脇の水場

写真10 平坦地

写真11 平坦地

写真12 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ