戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆第二生内(だいにおもない)開拓

所在:十和田市奥瀬(おくせ)
地形図:奥瀬/十和田
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約290m
訪問:2017年5月

 

 大字奥瀬の東部、生内川(奥入瀬(おいらせ)川支流)上流部にある。
 集落付近では川の左岸・右岸ともに車道が通じているが、右岸の道は一部が笹藪となっており通行が困難な箇所がある。家屋や農地は右岸側に集中。最近の地形図で記されている3つの建物のうち、現存するものは上流部の1箇所のみ。サイロの跡が残り、往時は酪農を営んでいたよう。
 集落の名称から、また旧版地形図には記されていないことから戦後の開拓集落であると思われる。

 


写真1 水田跡(以下概ね下流より。すべて右岸)


写真2 屋敷跡?


写真3 道(手前から右奥の笹藪)と水田跡


写真4 農地跡の道


写真5 小屋


写真6 橋


写真7 屋敷跡付近


写真8 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ