戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆戸石(といし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字戸石
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約450〜550m
訪問:2008年8月

 

 志河(しこ)川の最上流、天ヶ峠(てんがとう)の西にある。古い地図では10軒くらいの建物が見られる。地理的には旧丹原町の大字楠窪(くすくぼ)だが岩勝のある尾根が境界になっており石鎚の所属となる。
 志河川沿いに奥へと進み、道沿いに廃屋が見えてくる所がかつての集落。山側の斜面に入ると、数軒の廃屋が集まっていた。また奥は川を渡って林道が続いているが、橋の手前は車が転回できる広場になっている。山側の斜面には墓地と神社があった。さらに橋を渡らず川沿いに進んでも石垣が続いている。耕地跡なのだろう。また、敷地には古い墓地があった。
 横峰寺(よこみねじ)の方によると、かつては学校があったとのこと。
また
中村方の話では、高等小学校への通学は山(天ヶ峠)を越えなければならず大変だったため、楠窪の学校に通えるようにしてもらったという経緯があったという。
 渡邊姓を確認。
 なお
HEYANEKO氏の調査によると、学校は千足小学校戸石分校(昭和23年開校、同25年閉校)。閉校後は楠窪小学校へ通学とのこと。

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ