戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆綱取(つなとり



※ この地図は、参謀本部発行の1/50,000地形図「川尻」(昭和20)を使用したものである

在:北上市和賀町横川目(わがちょうよこかわめ)
地形図:和賀仙人/川尻
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約130m

訪問:2017年5

 

 大字横川目の南西部、和賀川左岸にある
 当地の付近には主に銅を産出した綱取鉱山がある。町史によると、発見は明治17年頃(享保年間採鉱とも伝えられるが不詳)。その後所有者の変遷を経て大正4年三菱合資会社が買収。以降盛況を見せ、鉱員は200人から250人、戸数も160戸を超えたが、昭和2年頃より衰退。昭和15年には労働者は他の鉱山などに出稼ぎする状態になり、ほどなく閉山。
 また当地にあった分教場の変遷は以下のとおり。廃止時期は不明。

 明治39  私立平井尋常小学校認可
 大正4  私立綱取小学校となる
 大正10  横川目小学校綱取分教場となる
 昭和2  改築


 現在集落跡には温泉施設が営業中。かつての建物の痕跡は見られないが、山側には神社の跡(写真2)があり現地を一望できる。また集落内に「綱取分教場跡」の史跡標柱(写真3)、西の端に「奥寺堰取水口」の史跡標柱(写真4)がある。
 なお当地が純然たる鉱山集落であったか、旧来は農村であったかは不明。

 


写真1 温泉施設

写真2 神社跡。奥に山神の石塔

写真3 分教場跡の標柱

写真4 取水口の標柱

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ