戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆渡瀬(わたぜ・わたせ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「徳山」(昭和21.11)を使用したものである

所在:周南市須々万奥(すすまおく)
地形図:菅野湖/徳山
形態:川沿いから斜面にかけて家屋が集まる
標高:約240〜320m(水面は約270m)
訪問:2017年8月

 

 大字須々万奥の南東部、錦(にしき)川沿いにある。現在は菅野(すがの)ダムの人造湖(菅野湖)に多くが水没。
 市史には「錦川沿いの観音平唐櫃神主・奥光(おくみつ)平瀬・渡瀬・下古津の諸集落は、菅野ダム建設によってほとんどが水没し、観音平・奥光に一二戸を残すのみで、他はすべて住居を移転した」とあり、菅野ダムの建設後に離村したことが窺える。
 川沿いの遺構は確認することができないが、県道より山側では農地跡や屋敷跡と思われる平坦地が見られる。「藤谷城主 勝屋右馬丞墓所」の標柱(写真6)がある辺りが集落付近。
 読みは聞き取りおよび「角川」の小字一覧では「わたぜ」、橋梁の銘板では「わたせ」(渡瀬橋)。
 『須々万村風土誌』によると、地名の由来は「錦川を渡る橋あり昔よりこの地より川を渡るに便して瀬となりて水浅く歩渡りも出来る地なり拠つて地名とす」。

 


(写真1 菅野ダム)

写真2 県道の標識。「渡瀬」と見える

写真3 渡瀬橋


写真4 屋敷跡?


写真5 瀬戸物のかけら


写真6 屋敷跡?

写真7 標柱(墓所はこの先3qとある)

写真8 水面近くの石垣

写真9 水面下の石垣

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ