戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中平(なかだいら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「荒砥」(昭和22.3)を使用したものである

在:白鷹町黒鴨(くろがも)
地形図:荒砥/荒砥
形態:山中に家屋が集まる
標高:約420m
訪問:2017年11

 

 大字黒鴨の東部にある。黒鴨集落の北およそ800mの山中
 集落跡ははほぼ全域が植林地。屋最近の地形図では神社の記号と建物が1つ記載されているが、建物は現存せず。神社も跡地となっており、祠が置かれている(写真4)。車道から少し入ったところには山神社の社(写真3)があるが、先の神社の場所から移設したものだろうか。また神社跡を過ぎ、カーブに差し掛かる辺りには石造物群がある(写真5・6)。さらに日影との間にある峠の南斜面には、多数の石塔と墓地がある(
日影との共同墓地?)。
 なお読みは聞き取りより。「角川」の小字一覧にも、黒鴨の「中平」に「ナカダイラ」のルビがある。

 


写真1 現地の風景

写真2 屋敷跡

写真3 社。「昭和拾四年旧参月貳拾参日」とある

写真4 神社跡の小祠

写真5 石造物群

写真6 同

写真7 中平‐日影 間の峠

写真8 石塔群

写真9 墓地にて

写真10 同

写真11 同

写真12 石塔群。右は山神塔

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ