戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆保野(ほうの)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「西條」(昭和23.3)を使用したものである

所在:西条市保野
地形図:西条/西条
形態:山中の緩い傾斜地に家屋が集まる
標高:約650m

訪問:2008年8月

 

 大字津越(つごえ)付近で加茂川に合流する川の上流部、櫛ヶ峰(くしがみね=山名)の北にある。昭和30年までは新居浜市大生院(おおじょういん)の小字だったが、以後西条市に大字として編入された。
 集落へは、八堂(はちどう)山付近から加茂川沿いの細い車道を入り、市之川(いちのかわ)・丸野(まるの)各大字を経た林道の先にある。その他、津越より川沿いの徒歩道が存在するよう。
 集落内では、きれいに手入れされた神社(保野神社)がある。鳥居・狛犬・手水の水盤・拝殿?・便所などが平成10年代に改修されたよう。寄付者の名には曽我部姓・曽加姓(「曽我部」から派生したものか)・伊藤姓・白石姓が見られる。ほか何かを祀ったようなものが、集落の中に見られる。墓地もコンクリートで補修され他には見られない特徴的な形態をしている。廃屋や屋敷跡が数軒、最も奥の敷地では、手入れされた畑が残っている。今でこそ植林されてしまっているが、かつては緩い傾斜地に耕地が広がり、市街地が一望できたことだろう。
 昭和55年3戸7人。

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ