戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆本内(ほんない)



※ この地図は、参謀本部発行の1/50,000地形図「川尻」(昭和20)を使用したものである

在:西和賀町本内
地形図:陸中川尻/川尻
形態:川沿いの平坦地に家屋が集まる
標高:約240m

訪問:2017年5

 

 大字本内の西部、南本内(みなみほんない)川(和賀(わが)川支流)の右岸側にある。秋田自動車道の錦秋湖サービスエリアの南斜面下に当たる。
 湯田ダムの建設に伴い離村したと思われるが、集落部分の水没は免れている。地図上で記されている墓地・神社はそれぞれ現存。墓地は岩瀬家のもの(「瀬」は旧字)。また神社の前には廃屋と2基の石塔が残されている。屋敷跡は1箇所のみ確認。1970年代の航空写真より、数戸は高速道路の本線からサービスエリアへ向かう道路の用地になっていることが分かる。なお先述のサービスエリアも集落からは離れているものの、大字地内に立地している。

 


写真1 墓地

写真2
 神社。社殿

写真3 同。境内の木立

写真4 石塔。左は「馬暦神」「明治三十七辰年」「旧七月十七日」、右は「馬頭觀世音」とある

写真5 何かの廃屋

写真6
 電柱

写真7
 屋敷跡。物置の跡

写真8 同。浴槽

写真9 農地跡

写真10 平坦地と小屋の残骸

写真11 何かの跡

写真12 宅地跡。正面の盛土は高速道路

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ