戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆屋敷(やしき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「手ノ子」(昭和22.5)を使用したものである

在:小国町沼沢(ぬまざわ)
地形図:手ノ子/手ノ子
形態:緩い谷沿いに家屋が集まる
標高:約520m
訪問:2017年11

 

 大字沼沢の中東部、綱川沢(荒(あら)川三次支流)の支流沿いにある。
 国道113号沿い、間瀬(まぜ)のパーキングエリア付近より当地へ通じる道(林道?)が分岐。ただし綱川の分岐でゲートがあったため、綱川経由で徒歩道で峠を越えて訪問した(帰路は道路を利用)。道は一部が荒れていたり崩れていたりするものの、歩行にはあまり支障がない(ただし集落到達直後、農地跡を横断する場所では、整備されていなければ道を追うことは非常に困難と思われる)。
 最近の地図で記されている
墓地は現存し(写真2)、度々の往来が窺える。少なくとも梅津家・齋藤家があったことが分かる。屋敷跡は判然としなかったが、倒潰した木造の小屋が屋敷跡の一部であったと思われる。町境を越えた菅沼(=湖沼名)への道も明瞭であり(写真6)、飯豊町小白川(こじらかわ)の高畑まで徒歩で行くことも可能か。聞き取りによると、かつては3軒程度あったとのこと。

 


(写真1 綱川 ‐屋敷間の峠)

写真2 墓地


写真3 墓地にて。「梅津商店」は当地の梅津氏に関係


写真4 農地跡

写真5 同

写真6 飯豊町方面への道(写真の左右に走る稜線が町境)

写真7 屋敷跡?

写真8 倒潰した小屋

写真9 電柱の跡

写真10 農地跡(集落南部)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ