戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆堰沢(せきざわ?)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「葛巻」(昭和22.2)を使用したものである

在:葛巻町田部(たべ)
地形図:仁昌寺/葛巻
形態:谷沿いの一軒家
標高:約440m

訪問:2017年5

 

 大字田部の中部、毛頭ノ沢(けとのさわ)川(馬淵(まべち)川支流)の小さな支流沿いにある
 赤平(あかひら)集落の在住者(80歳)から伺った話では、もと1軒。炭焼きや畑の耕作で暮らしていたとのこと。離村は50年以上は前であるよう。なお地名の確認の際は「セキヤサワ」と聞こえ、「堰沢」との関連は不明。
 現地に訪れる道は荒廃し、あまり形跡もない。植林が途切れやや開けた辺りの左岸側が屋敷跡と思われ、それらしい平坦地や石組、炭焼き窯跡などといったものが見られる。はっきりとした農地跡は見られないが、宅地脇の緩やかな斜面が畑の跡か。

 


写真1 集落への道

写真2 現地付近の谷沿いの風景


写真3 屋敷跡?の石組


写真4 屋敷跡?

写真5 宅地入口?の枯れ木

写真6 農地跡?

写真7 茶碗など

写真8 炭焼き窯跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ