戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆種子川(たねがわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新居濱」(昭和23.4)を使用したものである

所在:新居浜市種子川山(たねがわやま)
地形図:別子銅山/新居浜
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約27
0m
訪問:―

 

 種子(たね)川沿いにある。古い地図では5軒くらいの建物が見られる。
 
「角川」には、「明治期の全盛期には40戸を数えたが、以後戸数は漸減。昭和20年代には入植も行われたが、その後も戸数は減少を続け、現在ほとんど定住者はいない」とある。
 
なお大字種子川山は近世の新居(にい)郡種子川山村。明治22年より船木(ふなき)村の、昭和30年より新居浜市の大字となる。種子川上流の山中にある種子川と、平野部にある川口の2集落があった。川口は、昭和49年大字種子川町(たねがわちょう)として独立。

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ