戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中丁子(なかぢょうし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市丹原町鞍瀬(くらせ)字中丁子
地形図:石鎚山/石鎚山
異表記:中城子(なかじょうし)
形態:山中に家屋が集まる
標高:約320m
訪問:2008年8月

 

 鞍瀬(くらせ)川の左岸、中奥(なかおく)集落の南東にある。古い地図では5軒くらいの建物が見られる。
 中奥の方の話では、昭和27、8年くらいに家は5軒くらい、無人になったのは10年くらい前(1990年代後半)ではないかとのこと。
 中奥から道がつながっているが、やや分かりづらい。途中には神社があり、鳥居には「明治三十一年九月吉日」と彫られていた。また荒れた墓地(越智姓・室姓を確認)もある。集落では2軒の廃屋、1軒の倒潰家屋があった

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ