戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆清代(せいじろ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「岩國」(昭和22.2)を使用したものである

所在:岩国市美川町根笠(みかわまちねかさ)
地形図:玖珂/岩国
形態:谷沿いに家屋が少数集まる?
標高:約410m
訪問:2017年8月

 

 大字根笠の南部、梅ノ木川(錦(にしき)川二次支流)の支流沿いにある。
 訪問は谷沿いの車道より
。車道の距離は短く、終点から先も徒歩道は見当たらない。谷を歩くがほどなくして滝(写真2)で進めなくなったため、適当に右岸側の斜面を登ると本来の徒歩道に合流した。帰路もこの道を利用したが、停めておいた車よりもかなり高い位置を通過していたため、道は梅ノ木川方面から延々と通じているものと思われる。
 現地では1、2箇所の屋敷跡と谷沿いの農地跡を確認。
 
町史によると、無住となったのは昭和44年。

 


(写真1 車道終点付近の看板)

(写真2 滝)

(写真3 滝そばの岩窟)


写真4 集落への道の一部


写真5 平坦地

写真6 農耕機械

写真7 屋敷跡

写真8 写真7にて。酒瓶

写真9 道と石垣

写真10 墓

写真11 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ