戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆桂谷(かつらや)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「手ノ子」(昭和22.5)を使用したものである

在:長井市平野(ひらの)
地形図:羽前上郷/手ノ子
形態:緩い谷沿いに家屋が集まる
標高:約470m
訪問:2017年11

 

 大字平野の南部、合地(がっち)沢(最上(もがみ)川二次支流)の支流沿いにある。
 県道252号の西栃平トンネルを抜けた辺りに合地沢に架かる吊り橋があり(写真1)、ここからの訪問が可能(※) 。この道は三体山への登山道でもある。橋の名称は、左岸側の主塔には「桂谷,西栃平下吊橋」、右岸側では「西栃平下,桂谷吊橋」となっており、両岸の地名が入れ替わっている。
 斜面の傾斜が緩くなった辺りが集落跡。現地では2、3箇所の屋敷跡と学校跡(平野小学校桂谷分校)を確認。学校跡にはそれを示す木札が掛けられ、往時の写真も飾られている(写真9-11)。
 市史によると、桂谷分校の閉校は昭和39年。
 なお所属の大字は、旧版地形図や手持ちの道路地図では寺泉となっているが、現行の領域では平野に含まれている(「角川」の小字一覧でも、前野は寺泉の項に記載されている)。

※ 冬期は渡し板が撤去される

 


写真1 橋

写真2 集落付近の道

写真3 何かの建物跡

写真4 道(写真左)と農地跡

写真5 農地にて。何かの一部

写真6 同

写真7 屋敷跡?

写真8 屋敷跡?

写真9 学校跡の木札

写真10 往時の写真

写真11 同

写真12 学校跡の平坦地

写真13 学校跡の遺構

(写真14 県道の桂谷橋)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ