戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆六呂木(ろくろぎ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鹿野」(昭和22.2)を使用したものである

所在:岩国市周東町三瀬川(しゅうとうまちさんぜがわ)
地形図:菅野湖/徳山 周防須万/鹿野
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約280m
訪問:2017年8月

 

 大字三瀬川の北部、根笠(ねかさ・ねがさ)川(錦(にしき)川支流)の支流沿いにある。
 最近の地図では記されていないが、遠掛集落より町道高固屋線(美川町の町道。現在は市道か)が通じており、ここから分岐する六呂木線林道より集落手前まで車輌での訪問が可能。
 現地で特定できた屋敷跡は2箇所だが、その可能性があるものを含めると4箇所ほど。
 地形的には美川町【現・岩国市】に含まれそうだが、往時は山を越えた三瀬川方面との交流が大きかったのだろうか。
 町史によると、明治29年に当時の川越村の一行政区として白口故郷谷とを併せた「故郷谷区」があり、3集落で当時34戸。
 また「角川」の小字一覧には、三瀬川所属の小字として「轆轤木」(「ロクロギ」のルビ)があり、古くはこの表記が用いられていたと思われる。

 


写真1 六呂木線林道始点

写真2 屋敷跡?

写真3 何かの石造物


写真4 屋敷跡


写真5 車道と農地跡の石垣

写真6 道と農地跡

写真7 道と石垣

写真8 屋敷跡

写真9 倒潰建物

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ