戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆故郷谷(こけだに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「徳山」(昭和22.2)を使用したものである

所在:岩国市周東町三瀬川(しゅうとうまちさんぜがわ)
地形図:周防須万/鹿野
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約270m
訪問:2017年8月

 

 大字三瀬川の東部、根笠(ねかさ・ねがさ)川(錦(にしき)川支流)の支流沿いにある。
 現在は広沢集落から当地まで車道が通じ、車輌での訪問が可能。当初は遠掛‐高固屋間の道からの最短ルートを想定していたが、駐車スペースを探しているうちに分岐点を大きく通過、県道まで戻ってしまった。この際には谷に架かる木橋が落ちているのを通りがかりに確認したのみ。そのまま広沢からのルートを確かめているうちに到達することができ、結果として労力を少なく済ませることとなった。
 現地では数箇所の屋敷跡や祠(写真1)、谷に沿った農地跡が見られた。祠のそばには北野輝夫氏および文子氏を記念した碑があるが、広瀬郵便局長が設置者であり、郵便事業に関連する由来がありそう(写真3)。
 町史によると、明治29年に当時の川越村の一行政区として白口・六呂木とを併せた「故郷谷区」があり、
3集落で当時34戸。

 


写真1 祠

写真2 石仏

写真3 碑


写真4 農地跡


写真5 屋敷跡?(車道が通過している)

写真6 屋敷跡

写真7 農地跡

写真8 屋敷跡?

写真9 屋敷跡

写真10 写真9にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ