戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆途中之川(とちゅうのかわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「西條」(昭和23.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)
地形図:伊予小松/西条 
異表記:途中ノ川(旧版地形図)
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約270m(馬返集落は約80m)
訪問:2008年8月

 

 妙之谷(みょうのたに)川の支流沿いにある。下流の大字大頭(おおと)・大字大郷(おおごう)方面より石鎚山方面へ通じる道に沿う。
 馬返(うまがえし)集落の南端より道が通じている。川を渡らなければならないが、道はコンクリートブロックを積み重ねた降り口の階段、木製の橋など手作り感が漂う。川を渡ってしばらくすると別荘?のような建物があるが、おそらく橋や階段はここの持ち主が自作しているのだろう。この家屋を過ぎると、路肩を石垣で補強した山道が続く。道の造りは丁寧でかつ広い。かつては馬車道だったのだろうか。現在は崩壊や倒木などにより荒れているが、山林が手入れされた場所は歩きやすい。集落跡には道沿いに石垣が築かれている。1箇所の屋敷跡を確認したが、道沿いの敷地を少し見ただけだったので学校跡などは分からなかった。
 かつては石鎚小学校途中之川分校があった。
 地名は、低地から石鎚山方面に向かう途中で川沿いあることに由来か。

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ