戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆郷(ごう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字郷
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:山中の道沿いに家屋が集まる
標高:約600〜700m(虎杖は約300m)
訪問:2008年8月

 

 四国八十八箇所霊場のひとつ、横峰寺(よこみねじ)より尾根を越えた南にあり、遍路道に沿う。古い地図では10軒くらいの建物が見られる。
 横峰
寺・虎杖 各方面からの道があるが、今回は横峰寺から訪れた。横峰寺の別院・星ヶ森(ほしがもり)の遥拝所より下る道がある。しばらく下ると管理されたお堂があるが、この辺りがかつての集落。なおお堂には石碑が建ち、「千足山村字郷部落跡」「有る限り/語り伝えよ/郷の坂」(「/」は改行)と彫られている。付近には廃屋が1軒、ほかは斜面に多くの石垣が見られた。耕地跡だったのだろう。ほか屋敷跡が2箇所見られた。
 
中村の方の話では、かつては10軒の家と学校があったそう。お堂は郷・槌之川 の住民により共同で維持管理されていたという。
 諏訪神社の玉垣で、伊東姓を確認。
 なお
HEYANEKO氏の調査によると、学校は千足尋常高等小学校(昭和4年土場に移転)とのこと。

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ