戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆黒川(くろかわ)
上黒川(かみ―)・下黒川(しも―)




※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字上黒川・下黒川
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:山中の道沿いに2つの家屋群がある
標高:上黒川・約450〜500m 下黒川・約350〜450m
訪問:2008年8月

 

 加茂(かも)川の支流、黒川谷の左岸斜面にある。下流が下黒川、上流が上黒川。古い地図では上黒川に15軒くらい、下黒川に10軒くらいの建物が見られ、上黒川には学校も見られる。かつて成就(じょうじゅ)を経由し石鎚山へ至るための主要な道であったが、石鎚登山ロープウェイの開設後は廃れてしまった。
 河口(こうぐち)
虎杖土場から登り口があるが、虎杖からが分かりやすく登りやすい。登り口には崩壊のため通行禁止の看板が掲げられているが、集落までで引き返す分には支障がない。まず下黒川では谷側・山側の斜面に広い範囲にわたって石垣が組まれている。全面に植林され、その中に点々と廃屋や倒潰家屋が見られた。上黒川では手入れがされた廃屋が2軒ほどあり、下黒川に比べ少しは開けた印象がある。奥には神社(崩壊寸前の鳥居のみ)もあった。集落入口には、灯籠と「三界万霊」と刻まれた台に載った石仏があった。いずれも「石鎚山」の文字が見られる。
 
中村方の話では、上黒川には18軒の民家と学校があり、上と下合わせて35軒くらいの家があったそう。そのほとんどが民宿を営み、それ以外の仕事をしていたのは3軒のみだったという。
 
なおHEYANEKO氏の調査によると、学校は千足尋常高等小学校黒河分教場(昭和4年閉校)とのこと

 

≪上黒川≫

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

≪下黒川≫

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ