戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆有永(ありなが)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字有永
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:山中の尾根上に家屋が集まる
標高:約500m(土場は約270m)
訪問:2008年8月

 

 土場の南の山中にある。古い地図では5軒の建物が見られる。もと12戸で、昭和30年代には8戸。
 集落はほぼ尾根上にあり、集落を通る道もこれに沿う。現在は尾根の西側がよく見渡せる道があるが、これは新しい道のようだ。古い道と思われるものはそのすぐ横、植林地の中を通っている。石垣に沿い、石段も築かれている。集落内には斜面に沿って築かれた石垣が見られる。
 
中村 の方の話では、かつては7軒の家があったそう。諏訪神社の玉垣で、曽我部姓を確認。『石鎚山の自然と人文』には、共同購買組合の設置、自家発電所の設置、リンゴ栽培などといった変化を「近代化のきざし」と題し紹介している。

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ