戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆石貝(いしがい)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字石貝
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約450〜600m
訪問:2008年8月

 

 加茂(かも)川左岸の斜面虎杖の南西の山中にある。古い地図では、10軒くらいの建物が山道沿いからやや高い場所にわたって見られる。
 訪問時は
槌之川より歩いたが、送電線付近の尾根を境に道が不明瞭となってしまう。しばらく歩くと石垣を見つけることができたが(屋敷跡?)、これ以上先に進むことはできなかった。土場 より斜面を登っていくほうがよさそうだ。なお尾根上には小さな貯水槽と石仏があった。
 
中村 の方の話では、かつては11軒の家があったという。諏訪神社の玉垣で、佐伯姓・十亀姓を確認。
 『石鎚山の自然と人文』には、索道の敷設、緬羊の飼育、蒟蒻の栽培の開始といった変化を「近代化のきざし」と題し紹介している。

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ