戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆槌之川(つちのかわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字槌之川
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約500m(虎杖は約300m)
訪問:2008年8月

 

 大字石鎚の中部、石鎚と丹原町楠窪(くすくぼ)を結ぶ山道沿いにある。古い地図では、9軒くらいの建物と役場(かつての千足山(せんぞくやま)村役場)が見られる。
 最近の地図では記載されていないが
虎杖 から谷沿いの道が延びておりこちらが行きやすい。現地では段々になった石垣が見られ、屋敷跡と分かる場所が1箇所確認できた。植林されており薄暗い。役場跡と思われる場所には、倒れた木製の電柱と潰れた屋根が見られた。
 
中村 の方の話では、かつて家は7軒。役場は昭和19年まであったそう。荷馬の便が星ヶ森(ほしがもり)(集落北部にある山。四国八十八箇所霊場のひとつ、横峰寺の別院がある)を越えて槌之川が終点であったため、このような辺鄙な場所に役場が置かれた。諏訪神社の玉垣には、黒河姓・大西姓が見られた。

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ