戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆土場(どば



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

在:西条市小松町石鎚(いしづち)
地形図:石鎚山/石鎚山 
形態:川岸の平坦地に建物が集まる
標高:約250m
訪問:2008年8月

 

 県道142号沿いで、道路沿いでは虎杖よりひとつ奥の集落。古い地図では地名の記載はなく、学校があるのみ。
 かつて石鎚小学校・石鎚中学校があり、現在も道脇に門柱が残っている。また
有永への山道に続く橋を渡ったところには小さな霊園、その上手には石鎚保育所があり、建物も残っている。
  地名は木材の集積場所を指す「土場」より。中村の方の話では、木材を一時的に引き上げるのにちょうど良い場所だったそう。なお当時は川沿いの道路が狭隘だったため、車道ができるまでは加茂(かも)川に材木を流し下流まで運んでいたという。
 なお木材を川べりまで下ろす作業を「中出し」と呼び、搬送が索道に替わるまで地元住民の良い日雇い仕事であった。川に流す作業を「木流し」といい、製材問屋の関係者が「流し子」として専業にしていた。
 
以下は町誌より、前身となる学校および当地以外での変遷を含めた学校の沿革。

(小学校)
 (明治5)  (各集落にて寺子屋式教育開始)
 (明治18)  (槌之川にて闡明小学校開校)
 (明治20)  (闡明小学校閉校)
 (明治41.7)  (下途中之川にて千足山尋常小学校開校)
 (大正12.9.13)  (に移転)
 (大正13.4)  (千足山尋常高等小学校となる)
 昭和4  土場に移転
 昭和16  千足国民学校となる

 昭和22

 千足小学校となる
 昭和30  石鎚小学校と改称
 昭和52  閉校

(中学校)
 昭和22.4  千足中学校開校
 昭和26.9.1  石鎚中学校と改称

 昭和52

 閉校

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ