戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆高松(たかまつ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「玉庭」(昭和22.3)を使用したものである

在:小国町白子沢(しらこざわ)
地形図:叶水/玉庭
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約320m
訪問:2017年11

 

 大字白子沢の東部、森残(もりのこし)川(荒(あら)川四次支流)沿いにある。
 現在は家屋が1軒残り、畑も耕作されている。他に屋敷跡を2箇所と墓地(写真5)を確認。集落内には森残川に架かる橋があるが、名称は越中田橋。

 森残の元住民の話では、分かるもので4軒。離村は森残よりも少し後(昭和40年頃以降)であったとのこと。学校は現在残っている家屋の付近にあったという。
 
当地にあった学校は、白沼小学校高松冬季分校。町史によると昭和28年10月5日白沼小学校の高松開拓臨時分校として開設(※)

※ 昭和44年閉校(HEYANEKO氏調べ)

 


写真1 川と家屋

写真2 屋敷跡

写真3 畑

写真4 屋敷跡

写真5 
墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ