戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆矢渕(やぶち)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「玉庭」(昭和22.3)を使用したものである

在:飯豊町高峰(たかみね)
地形図:玉庭/玉庭
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約330m(水面は約330m)
訪問:2017年11

 

 大字高峰の南部、白(しら)川(最上(もがみ)川支流)の右岸にある。現在は白川ダムの人造湖(白川湖)にほぼ水没。
 県道の中津川橋より右岸に渡り、古い道を伝って現地に到達。ただし集落に直接降りる道は見当たらず、適当な場所で道を逸れる必要がある。
 訪問時は水量が少なくはなかったが、水面付近で複数の屋敷跡を確認することができた。北部および南東部にある小山にも登ってみたが、特に何も見られなかった。

 離村を記念した「愛郷の碑」(大鹿
のページ参照)や町史によると、井上・鈴木・鈴木・石黒・鈴木・鈴木・小田・小田・鈴木各家の計9軒。碑の掲載順に、それぞれ長井市・山形市・川西町・山形市・川西町・山形市・米沢市・仙台市・長井市に移転。
 読みは、県道に架かる「矢渕橋」(写真15)の銘板に拠った。

 


(写真1 ダム堰堤)

写真2 集落遠景

写真3 集落方面への道

写真4 集落南東の鞍部付近の平坦地

写真5 屋敷跡

写真6 屋敷跡

写真7 屋敷跡

写真8 何かの跡

写真9 何かの跡

写真10 屋敷跡

写真11 写真10からの風景

写真12 農地跡

写真13 集落俯瞰

写真14 小山の頂上

(写真15 県道の矢渕橋)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ