戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆覚久廻(がくまり)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「早池峰山」(昭和22.2)を使用したものである

在:花巻市大迫町内川目(おおはさまちょううちかわめ)
地形図:陸中折壁/早池峰山
形態:川沿いに家屋が少数集まる
標高:約290m(水面は約300m)

訪問:2017年5

 

 大字内川目の中部北東寄り、折壁(おりかべ)川(北上(きたかみ)川二次支流)沿いにある。現在は早池峰(はやちね)ダムの人造湖に水没。
 訪問時は完全に水没しており、遺構等は未確認。なお1970年代の航空写真では「覚久廻」の地名表記付近と上流の折壁集落との間に人家が1軒確認できるが、どちらの地区に含まれるかは不明(現在は付替県道により消滅)。またこの対岸にもポンプが残された平坦地があり、これもかつては宅地であった可能性がある(写真6)。
 さらに猫底(ねこそこ) 橋北詰には石造物が複数置かれているが(写真4)、覚久廻周辺のものを集めた一角だろうか。
 なお町史では「内川目村の字地」として「覚廻」(読みは同じ)が記されており、かつてはこの表記が用いられていたこともあったよう。

 


(写真1 ダム堰堤)

写真2 覚久廻橋

写真3 集落方面を望む(落合大橋より)

写真4 石造物群。右より「早池峰山」「南無阿弥陀佛」「三界萬霊…」「天照皇太神宮」「名目合線林道竣工…」とある

(写真5 新旧の猫底橋)

(写真6 上流の屋敷跡? 手前にポンプ)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ