戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆一升谷(いっしょうだに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鹿野」(昭和22.2)を使用したものである

所在:周南市金峰(みたけ)
地形図:周防須万/鹿野
形態:谷沿いから斜面にかけて家屋が集まる
標高:約310〜400m
訪問:2017年8月

 

 大字金峰の東部、一升谷川(錦(にしき)川水系の支流)沿いにある。
 当初は「一升谷」の表記部分は訪問対象としていなかったが、聞き取りにより無住となったことを知ったことや自動車での移動中に通過することもあり、訪問を行った。ただし車道沿いを中心に軽く探索した程度で、廃屋や休耕地を見るにとどまった。
 なお「蓮花寺台」では、簡素な家屋と何かの小屋(写真4)、ほか屋敷跡と思われる場所を2箇所ほど確認。
 聞き取りによると、かつては10軒程度あったとのこと
 資料
『地下上申』によると、当地には浄土宗の蓮花寺(山号は吉葉山)があったとのこと。地名の由来は「往古大豆壱升を煮り、下のはしより上のはし迄に給みて候由、其故一升谷と申ならハし候通申伝候事」。
 『須金村史』によると、蓮花寺は天平勝宝年代(749-757)の創設。文政3(1820)年4月焼失。刊行当時(昭和33年)には跡地の観音堂で年1回の法要が行われていたよう。また明治8年11月須万小学校開校の際には支校(巡回授業所)が設置されたが、これは明治24年廃止。

 


写真1 農地跡(以下「一升谷」)

写真2 小屋

写真3 廃屋

写真4 小屋(以下「蓮花寺台」)

写真5 写真4付近の農地跡

写真6 農地跡

写真7 屋敷跡?

写真8 写真8にて

写真9 農地跡

写真10 建物跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ