戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆第四生内(だいよんおもない)開拓

所在:十和田市奥瀬(おくせ)

地形図:奥瀬/十和田
形態:山中に家屋が集まる
標高:約280m
訪問:2017年5月

 

 大字奥瀬の東部、生内川(奥入瀬(おいらせ)川支流)とその支流に挟まれた山中にある。
 最近の地図でも地名と複数の建物が確認できるが、現存するのは東方にある大型の建物のみ。人家は痕跡すら見当たらない。
 集落の名称から、また旧版地形図には記されていないことから戦後の開拓集落であると思われる。

 


写真1 農地跡と大型の建物(写真左)


写真2 農地跡


写真3 屋敷跡?


写真4 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ