戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆明見谷(あけみだに)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「岩國」(昭和22.2)を使用したものである

所在:岩国市周東町明見谷(しゅうとうまち―)
地形図:玖珂/岩国
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約230〜310m?
訪問:2017年8月

 

 旧町域の中北部、田代川(島田(しまだ)川二次支流)の本流および支流沿いにある。
 合流部には神社があり、現在でも管理が行き届いている
。本流側(東に向かう川筋)では屋敷跡や廃屋・管理家屋、支流側でも廃屋や屋敷跡が見られる。いずれも谷に沿って段々になった農地跡が広がっている。
 「角川」によると、大字明見谷は近世の玖珂郡明見谷村。明治22年北河内村の大字となる(のち高森村→高森町→周東町)。享保11(1726)年49戸243人、明治24年70戸162人、昭和7年38戸205人、同45年17戸50人、同61年4戸8人。古くは紙漉きが盛んであった。明治16年の主な産物に、米・麦・蕎麦・楮皮・木綿・番茶・蒟蒻などがある。

 


写真1 神社

写真2 境内の碑

写真3 家屋(以下本流側)


写真4 屋敷跡


写真5 屋敷跡

写真6 廃屋

写真7 農地跡

写真8 廃屋(以下支流側)

写真9 廃屋

写真10 屋敷跡

写真11 農地跡

写真12 廃屋

写真13 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ