戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆無地内(むじない)



※ この地図は、参謀本部発行の1/50,000地形図「川尻」(昭和20)を使用したものである

在:西和賀町無地内
地形図:陸中川尻/川尻
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約230m(水面は約230m)

訪問:2017年5

 

 大字無地内の南部、和賀(わが)川左岸にある。現在は湯田ダムの人造湖(錦秋(きんしゅう)湖)に一部が水没。
 資料『明治時代の湯田村』によると、明治期に4軒。すべて高橋家で本家と分家3軒。古くは「狸内」の表記であったよう。
 地形図で見る限りあまり水没していないように見えるが、訪問時は雪融け水により特に貯水量が多い時期であったため湖畔の平坦地は広く水没。山中にある神社の跡地も特定できなかった。
 なお訛りで「ムズナイ」のように聞こえる。

 


(写真1 ダム堰堤)

写真2 国道の無地内橋

写真3 集落付近。奥はJR北上線の橋梁

写真4 神社跡付近?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ