バイオコロニーショップ和歌山
TEL
FAX
ご注文方法
お支払い方法
商品発送方法
電話がつながらない時は Eメール までご連絡下さい!
line

■[トップページ]
初めてご訪問された方へ
■[オリジナル商品]
■[バイオコロニー]
 [特性]
 [他社製品との比較]
 [ゼオライトの特徴]
 [養殖場改善事業]
 [魚類の成長促進実験]
 [池の浄化実験]
 [城のお堀の浄化]
 [潮入池の浄化]
 [排水処理施設の浄化]
 [貯水池浄化実験]
 [磯やけ対策]
■[バイオリキッド]
 [汚水・汚泥・悪臭浄化]
 [混合飼料として]
 [灰色カビ病等の予防]
 [有機農業]
 [なぜ化学肥料が・・・]
 [バイオ化研微生物の効果]
 [グリーストラップの浄化]
■[バイオテック]
 [バイオテック・土壌改良]
 [混合飼料]
■[観賞魚水槽の浄化方法]
■[環境活動]
■[成分表示]
■[使用用途]
■[効用効果]
■[枯草菌 B subtilis]
■[問い合せ]
■[FAQ]
■[新聞掲載記事]
■[お客様の声]
■[特定商取引法の表示]

----- 外部リンク -----

■[漁業養殖等での実績]
■[養殖場 実績]
■[ブリ養殖]
■[真珠養殖場]
■[海老養殖場]
■[釣り堀の水質浄化]
■[産業廃棄物場廃水処理]
■[香港の河川での浄化]
安全性の検証
バクテリア菌について
研究機関の評価
--------------------
pdf [ 高知県水産試験場]
pdf [運輸省実験結果]
pdf [高知大学浄化実験]
pdf [鹿児島大学検査結果]


テレビ放送で紹介されました!

ご質問はネコをクリック!
問い合わせメールフォーム

★コミュニティ★

かんたん相互リンク
龍神村の文化と観光
aikis
かんたん相互リンク

サイト内アクセスランキング
カレンダーの がメール返信・ 商品発送の定休日です。
ご注文受付は24時間、年中無休です。
★スポンサー★

バイオ化研

バイオテック

[土壌改良] [有機農業] [バイオ化研微生物の効果] [混合飼料]
土壌改良剤『バイオテック』

 土壌悪化が原因で作物の発育が悪く果物に至っては果実の玉太りが悪く使用禁止の植物 ホルモン剤や農薬を使用した農業生産者が指摘をうけ非常事態を迎えようとしています。

 土壌改良剤『バイオテック』は連作障害、塩類集積障害などで荒廃した土壌を蘇生、活性化して植物の発育を促進し果実の玉太りに効果を発揮します。

pic pic
果物や野菜の発育促進と玉太りに効果
連作障害耕地

我が国の施設園芸(ビニールハウス)は外国に比べ農地面積が少ないために同じ農地に同 じ作物を連作します。その為、作物の摂取する養分が同じ養分のため、吸収されない残留硫化物が土壌中に蓄積され作物に障害が発生します。

その代表的なものが亜硝酸態窒素、硝酸態窒素、硫黄化合物です。これらの物質が土壌中に蓄積されると植物の発育が悪く、果物は果実が小さく収穫期に突然枯れてきます。

このような土壌に、当社の微生物配合の『バイオテック』を撒布されますと蓄積された残留硫化物を、 微生物が吸収分解してバランスのとれた土壌に改善します。また、微生物は植物に必要な栄養分を供給して、植物の発育を促進させます。

塩類集積障害

施設園芸栽培に於いては、塩類集積障害があります。特に野菜栽培土壌で見受けられます。 野菜栽培で連作を行うと、生育低下を補うために、植物の吸収量以上に施肥をするのとハウス内では土壌に蓄積した塩類が雨で流れないからである。

土壌中に多量の硝酸態窒素が蓄積したら石灰資材を撒布しても、土壌は酸性化します。 硝酸態窒素の蓄積した土壌には『バイオテック』をご使用ください。『バイオテック』 は天然ゼオライトに微生物を培地した製品で、土壌中の硝酸態窒素を分解して塩類集積土壌を蘇生、活性化します。

また、ゼオライトには、イオン交換性作用があり、酸性化した土壌を中和して水素イオン濃度を調整し、硬水を軟水に変えて作物の発育を促します。

使用方法

ビニール栽培において、畝をたてる前に散布する商品です。 (露地栽培にも効果があります。)
ビニール畝をつくってからでは、均等に散布できないからです。

 使用量は1反あたり4袋が目安です。

効果が現れないケースは、赤鉄やサビ、産廃に含まれる化学チップなどの「無機物」に対してです。
それ以外でしたら、微生物が分解してくれます。ハッキリした現象としては、1ヶ月を目処にしてください。菌が水に触れ、そこから高速で増殖を繰り返すまで、ある一定時間が必要なためです。

水槽などで実験されると判るのですが、ある一定時間経過でみちがえるように変化します。

何回散布すればいいのかといいますと、基本は年に1回です。土壌に多量の有害物質が、堆積しているなら、次の年も散布しなければなりません。できるなら、毎年、散布した方が土壌には有効です。

一回で、地下の表面部分は、浄化改良できましても、奥深い部分まで汚染されていたら、翌年も散布しないといけません。一回の散布で、土壌が生まれ変わることもありますが、長い間汚染されていた土壌などに関しては、よく年も散布しないと本当の意味で、土壌は生まれ変わることができません。

早期完熟堆肥作り

バイオリキッドと同じくバイオテックでも早期完熟堆肥作りが出来ます。
元堆肥5tに対してバイオテック20kgを撒布、混合して、発酵温度が逃げないようにシート等で被うだけで、早期完熟堆肥が出来ます。


トップページに戻る   ↑このページのトップに戻る

バイオコロニーショップ和歌山
〒645-0302 和歌山県田辺市龍神村甲斐ノ川586−2
TEL
FAX
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
Eメール 問い合せフォーム


[ トップページ ] [オリジナル商品] [バイオコロニー] [バイオリキッド] [ バイオテック ] [ 環境活動 ] [ 成分表示  ] [ 使用用途  ]
[ 効用効果  ] [ 問い合せ  ] [   FAQ   ] [新聞掲載記事] [ お客様の声 ] [FAX送信票] [ 見積請求  ] [ショップカート]
lime