バイオ化研微生物の効果

  • ----- 外部リンク -----
  • ★コミュニティ★

  • サイト内アクセスランキング
  • カレンダーの がメール返信・ 商品発送の定休日です。
    ご注文受付は24時間年中無休です。
  • ★スポンサー★

  • 1.土壌改良

    通常の条件では2~6週間で団粒構造が形成され、土中の有用微生物と共に土壌改良を行う。
    団粒構造が形成されると、排水性、保水性、通気性が改善され、根が良くはり、根腐れ、立ち枯れ等も少なくなり、気象障害にも強くなります。

  • 2.生育効果

     根は良くはり、葉は生き生きとし、花は鮮やかに咲き、果実は糖度が増し、経費の削減にもなる。

  • 3.保肥効果

    栄養分を保つ力が強くなる。土中で有機物が良く分解されると陰イオン化されます。栄養の元はカルシウム、カリウム、ナトリウム、アンモニア等ですが、それらは陽イオンなので、栄養素を引き付けます。

  • 4.連作障害に強い

    連作障害は微量成分の不足や土中のアンバランス等で、有害代謝産物を生産するために起こると考えられています。
    バイオ化研微生物がこの有害代謝産物を分解するので連作障害を防ぎます。

  • 5.病害虫に強い

    バイオ化研菌によって浄化された土中では、微生物郡が栄養素をバランス良く分解し、いろいろな中量・微量要素や、ビタミン、アミノ酸、成長ホルモンなどを生産し植物に供給されるため病害虫に強く成長します。
    なおかつ、バイオリキッドを散布した植物はその植物上でもバイオ化研微生物が増殖し病害虫から守ります。

  • 立ち枯れ
  • pic
  • lime
クリア
クリア