バイオコロニーショップ和歌山
TEL
FAX
ご注文方法
お支払い方法
商品発送方法
電話がつながらない時は Eメール までご連絡下さい!
line

■[トップページ]
初めてご訪問された方へ
■[オリジナル商品]
■[バイオコロニー]
 [特性]
 [他社製品との比較]
 [ゼオライトの特徴]
 [養殖場改善事業]
 [魚類の成長促進実験]
 [池の浄化実験]
 [城のお堀の浄化]
 [潮入池の浄化]
 [排水処理施設の浄化]
 [貯水池浄化実験]
 [磯やけ対策]
■[バイオリキッド]
 [汚水・汚泥・悪臭浄化]
 [混合飼料として]
 [灰色カビ病等の予防]
 [有機農業]
 [なぜ化学肥料が・・・]
 [バイオ化研微生物の効果]
 [グリーストラップの浄化]
■[バイオテック]
 [バイオテック・土壌改良]
 [混合飼料]
■[観賞魚水槽の浄化方法]
■[成分表示]
■[使用用途]
■[効用効果]
■[枯草菌 B subtilis]
■[問い合せ]
■[FAQ]
■[新聞掲載記事]
■[お客様の声]
■[特定商取引法の表示]

----- 外部リンク -----

■[漁業養殖等での実績]
■[養殖場 実績]
■[ブリ養殖]
■[真珠養殖場]
■[海老養殖場]
■[釣り堀の水質浄化]
■[産業廃棄物場廃水処理]
■[香港の河川での浄化]
安全性の検証
バクテリア菌について
研究機関の評価
--------------------
pdf [ 高知県水産試験場]
pdf [運輸省実験結果]
pdf [高知大学浄化実験]
pdf [鹿児島大学検査結果]


テレビ放送で紹介されました!

ご質問はネコをクリック!
問い合わせメールフォーム

★コミュニティ★

かんたん相互リンク
龍神村の文化と観光
aikis
かんたん相互リンク

サイト内アクセスランキング
カレンダーの がメール返信・ 商品発送の定休日です。
ご注文受付は24時間、年中無休です。
★スポンサー★

バイオ化研

微生物で魚類の成長促進

[特性] [他社製品との比較] [ゼオライトの特徴] [養殖場改善] [魚類成長促進] [池の浄化] [お堀の浄化]
[潮入池の浄化] [排水処理施設] [磯焼対策]
  実験者 高知大学 農学博士 西島 敏隆教授

 魚類養殖の場合、摂餌量の約1/4が成長(増重分)に使用され、残りは糞や排泄物として水中に負荷されると推定される。
 ここでは、浄化剤を養殖魚の餌に添加して給餌し、排泄される糞の分解を促進させる試みについて述べる。
 浄化剤としてB.subtilisをフスマに付着させたものを用い、ハマチ養魚を約90日間飼育して、定期的に試験魚を取り上げ、飼育魚の成長を追跡すると共に、糞を採取してその蛋白質及び炭水化物分解活性を測定した。
 ハマチの餌として配合飼料及び真鰯を1:1の割合で含むモイストペレットを用い、これをフスマ付着タイプの浄化剤を1〜3%の割合で添加して給餌した。


高知大学 西島 敏隆博士 (微生物による汚濁養殖漁場浄化の試み。本文から抜粋)

養殖魚対比
西島 敏隆博士より提供

 浄化剤を給餌したハマチ幼魚の成長は、飼育開始20日頃から浄化剤を添加しない対象区の成長を上回り、飼育終了時には浄化剤細菌添加区の魚体重は対象区に比べて上回り、飼育終了時には浄化剤細菌添加区の魚体重は対象区に比べて約9.4%重くなった。(上の写真)
 このことから、本浄化細菌を餌とともにハマチに投与しても成長に悪影響を与えることなく、飼育の比較的初期にハマチの成長が著しく促進され初期の差が飼育終期まで持続することがわかった。

pdf西島 敏隆教授 論文 pdfファイル

トップページに戻る ↑このページのトップに戻る

バイオコロニーショップ和歌山
〒645-0302 和歌山県田辺市龍神村甲斐ノ川586−2
TEL
FAX
お問い合わせはお気軽にどうぞ!
Eメール 問い合せフォーム


[ トップページ ] [オリジナル商品] [バイオコロニー] [バイオリキッド] [ バイオテック ] [ 環境活動 ] [ 成分表示  ] [ 使用用途  ]
[ 効用効果  ] [ 問い合せ  ] [   FAQ   ] [新聞掲載記事] [ お客様の声 ] [FAX送信票] [ 見積請求  ] [ショップカート]
lime