戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆老之川(おいのかわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市小松町石鎚(いしづち)字老之川
地形図:石鎚山/石鎚山 
異表記:老ノ川(旧版地形図)
形態:川沿いに家屋が並ぶ
標高:約400m
訪問:2008年8月

 

 加茂(かも)川の支流、老之川谷に沿う集落。古い地図では4軒くらいの建物が見られる。
 集落には母屋が残る家屋が3軒。なお、
かつては上黒川から老之川を経由し、最も奥の成藪まで山中の道が続いていた。かつて住友林業の事業所があり、土居折掛 と並んで奥地の森林開発の要衝だった。
 
中村 の方の話では、明治の地租改正後にできた比較的新しい集落。山林が小松藩より住民の所有となってから、伐採した雑木を川まで下ろす仕事をする人々が住み着いた。なおこのころは道路が徒歩道だったため、加茂川に材木を流し下流まで運んでいたという。かつては8軒の家があった。諏訪神社の玉垣で、曽我部姓・黒河姓・伊東姓・安岡姓を確認

 

 

◆◆フィルム紛失のため写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ