戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆入山(いりやま



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「十日町」(昭和21.10)を使用したものである

在:十日町市中条(なかじょう)
地形図:十日町
/小千谷
アクセント:イリヤマ
形態:緩い谷沿いに家屋が集まる

標高:約320m
訪問:2016年11

 

 中条丙の西部、下大井田川(信濃(しなの)川支流)上流部にある。
 訪れていた方の話では、分かるもので15軒。平成元年頃に無住となったという。主な生業は水田の耕作・薪炭の生産・林業であった。地域おこしの活動により、隣接の池谷集落とともに外部の人々が中心となり営農が行われている。
 現在は植林地となっている部分も多いが、水田は明るく開けている。3箇所ほどの宅地と神社跡が見られ、境内にはいくらかの石造物が置かれている。
 なお市史には、美女木軽沢・笠置(かさぎ)・稲子平(いなごだいら)戸渡高場柴倉とともに無住となったことが記されている。

 


写真1 宅地


写真2 管理家屋

写真3 水田

写真4 水田

写真5 神社・石段

写真6 神社入口

写真7 神社・社殿跡

写真8 境内の石仏と石塔。中央は二十三夜塔、右は「奉納 西國四國供養塔」とある

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ