戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆美女木(びじょぎ



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「十日町」(昭和21.10)を使用したものである

在:十日町市新座(しんざ)乙?
地形図:十日町
/十日町
異表記:軽井沢(旧版地形図)
形態:山中に家屋が集まる

標高:約430m
訪問:2016年11

 

 旧市域の中央部。新座地区の西部で、上大井田川(信濃(しなの)川支流)の最上流部にある。所属の大字は、複数の地図サイトでは「新座」、手持ちの道路地図および国土地理院の地図サイトでは「新座乙」となっている。
 現地では数箇所の宅地が見られ、農作業用の建物が多い。集落の南部には石塔が置かれた一角がある(写真4)。上の地図画像にある神社の跡地は不明。なお古い地形図の表記「軽井沢」について、事実関係はよく分からず。
 市史では「美女木」の表記。軽沢・笠置(かさぎ)入山・稲子平(いなごだいら)戸渡高場柴倉とともに無住となったことが記されている。

 


写真1 集落風景


写真2 田と小屋

写真3 屋敷跡

写真4 石塔。左より「金毘羅大權現」「不動明王」「二十三夜塔」

写真5 県道沿いの田

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ