戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆戸渡(とど



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「小千谷」(昭和23.6)を使用したものである

在:十日町市東下組(ひがししもぐみ)
地形図:岩沢
/小千谷
形態:山中に家屋が集まる

標高:約250m
訪問:2016年11

 

 大字東下組の南西部にある。
 集落内は広く水田が耕作されており、たいへん明るく開けている。往時からの家屋が残る宅地が見られるが、他にも3箇所ほど宅地跡らしい敷地が確認できる。神社は十二神社(写真4)。「齋 奇磐間戸大神」「齋 豊磐間戸大神」と書かれた札が掲げられているが、これらは当神社の祭神であるよう。集落背後の道は上組(かみぐみ)方面・上新田(かみしんでん)方面への三叉路まで丁寧に手入れされ、高みからは当地をはじめ東下組の集落群を望むことができる。
 市史では、美女木・笠置(かさぎ)入山・稲子平(いなごだいら)高場柴倉とともに無住となったことが記されている。また「角川」の東下組の項には「昭和56年12月から廃村になった」とある。

 


写真1 田と家屋


写真2 田と小屋

写真3 屋敷跡?

写真4 神社

写真5 溜め池

写真6 何かを祀った跡?

写真7 集落背後の道と石仏

写真8 三叉路の石仏

写真9 高みからの眺め。左の家屋の場所が当集落

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ