戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆峠(とうげ



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「十日町」(昭和21.10)を使用したものである

在:十日町市己(き)
地形図:塩沢
/十日町
アクセント:トーゲ
形態:山中に家屋が集まる

標高:約600m
訪問:2016年11

 

 旧市域の南部、栃窪峠の北側山中にある。所属は、地図サイトでは表記なし、手持ちの道路地図では「六箇(ろっか)己」、国土地理院の地図サイトでは「己」となっている。
 訪問は栃窪峠付近より。明瞭な踏み跡が下方へ続いているが、集落付近で地形図に記されている破線の道(旧版地形図では実線)を逸れ、集落の中を通る(旧版地形図上の破線)
。現地では1箇所の屋敷跡を特定したが、他にもそれらしい平坦地が1箇所。
 付近で会った方の話では、分かるもので「カミ」と「シモ」にあった2軒。離村は5、60年前ではないかとのこと。主な生業は水田の耕作であったよう。またさらに下方の「芹場(せりば)」と呼ばれる地にももう1軒あったという。

 


写真1 平坦地


写真2 屋敷跡?

写真3 写真2にて。穴

写真4 写真2付近にて。何かの器具

写真5 集落内の道

写真6 農地跡

写真7 屋敷跡

写真8 写真7にて。何かの器具

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ