戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆笹ノ元(ささのもと



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「妻」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:三納
/妻
アクセント:ササノモト
形態:稜線付近に家屋が少数集まる?
標高:約450m
訪問:2013年8

 

 一ッ瀬(ひとつせ)川右岸の稜線付近にある。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では片内(かたうち)および南方(みなみかた)の境界上に位置している。
 地元の方の話では、尾泊猿ノ囲茶屋・笹ノ元を含む稜線筋の道は、かつての米良往還とのこと。
 集落付近と思われる鞍部は、道路等の工事のためか元の地面はあまり残っていない。宅地の跡と思われる一角や石塔群(写真4)が辛うじて名残を見せる。ここから少し北側の稜線上では、小さな社が見られた(写真5)。

 


写真1 屋敷跡?

写真2 写真1裏側の石積み

写真3 瓦

写真4 石塔など

写真5 小社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ