戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆長尾(なご・ながお



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「尾鈴山」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:石河内
/尾鈴山
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約300〜350m
訪問:2013年8

 

 一ッ瀬(ひとつせ)川の支流、瀬江(せこ)川沿いとその周辺にある。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では穂北(ほきた)に含まれる。
 古い地図(地図画像)では小さな支流沿いに地名と建物が記されているが、最近の地図では瀬江川沿いに記されている。事実、現地でも川沿いに多くの屋敷跡が確認できた。なお支流沿いにあった宅地(写真10)は道に面しているため、林道から瀬江川まで降りる際に容易に確認ができる。
 地元で伺った話によると、離村は昭和30年代頃ではないかとのこと。7、8戸ほどあり、水田は少なかったという。なおこの際の地名の読みは「ながお」。

 


(写真1 林道と集落方面の分岐にある小祠


写真2 瀬江川に架かる橋

写真3 屋敷跡

写真4 電柱

写真5 便所跡

写真6 屋敷跡

写真7 屋敷跡

写真8 遺構

写真9 竈

写真10 支流沿い宅地跡付近

写真11 写真10の屋敷神?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ