戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆猿ノ囲(さるのかこい/サルノカイ・サルノカエ



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「尾鈴山」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:瓢丹淵
/尾鈴山
アクセント:サルノカコイ・サルノカイ・サルノカエ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約450m
訪問:2013年8

 

 一ッ瀬(ひとつせ)川右岸の稜線付近にある。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では片内(かたうち)に含まれる。
 地元の方の話では、分かるもので1軒。尾泊・猿ノ囲・茶屋笹ノ元を含む稜線付近の道は、かつての米良往還とのこと。
 現地の車道脇には三納小学校片内分校跡の碑(写真1)が立ち、付近に学校があったことが窺える。碑には「明治三十五年開設」とあるが、移転時期は記されていない(※)。屋敷跡は集落の南部で1箇所確認。近くには墓地(写真8。浜砂家のほか、女性名の元水氏)もある。

※ HEYANEKO氏の調査では、昭和28年に一ッ瀬発電所付近に移転し片内小学校に昇格したとのこと

 


写真1 碑

写真2 学校跡?(以下赤い部分はフィルムの感光)

写真3 何かの槽

写真4 石垣

写真5 平坦地

写真6 小鞍部の平坦地

写真7 倒潰家屋

写真8 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ