戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆茶屋(ちゃや



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「妻」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:三納
/妻
形態:山中に家屋が少数集まる?
標高:約420m
訪問:2013年8

 

 一ッ瀬(ひとつせ)川右岸の稜線付近にある。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では片内(かたうち)に含まれる。
 地元の方の話では、尾泊猿ノ囲・茶屋・笹ノ元を含む稜線筋の道は、かつての米良往還とのこと。
 この米良往還から椛越に向かって派生する稜線を少し下った辺りが集落跡付近と思われ、ここでは開けた平坦地が確認できる(写真1)。地名から鑑み、街道を往来する人々に食事や宿泊場所を提供する集落だったのだろうか。
 なお往還道路より西側は大字南方の最北端に属し、鞍部の広い平坦地(写真2)は建物の立地には十分だが、古くはここにも建物があったのだろうか(現在は工事の際の残土?により均されている)

 


写真1 集落付近(以下赤い部分はフィルムの感光)

写真2 広い鞍部にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ