戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上開田(かみかいでん)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「冠山」(昭和33.5)を使用したものである

所在:揖斐川町開田
地形図:美濃徳山/冠山
形態:川沿いに家屋が多数集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約320(水面は約400m)
訪問:2009年5月

 

 徳山ダムの人造湖(徳山湖)に水没した集落。対岸の徳山(本郷)とともに村の中心。徳山中学校・六社神社があった。
 近世の池田(いけだ)郡池田村。明治8年に漆原(しつはら・しつわら)村(後の下開田)に合併し開田村が成立。開田は明治22年池田郡徳山村(明治30年揖斐郡)の大字となる。大字開田は明治1437187人、同2241232人、大正958322人、昭和50106世帯371人(角川)。
 
地元の方の話では、中学校には寮(※村史によると「清心寮」。他校には例の少ない通年制)があり、徳山中学校東谷分校(櫨原)・同西谷分校(戸入)の閉校後は櫨原・・戸入・門入の中学生がここで生活していたそう。
 以下は村史より「徳山中学校のあゆみ」(改変・要約)

 昭和22.4  徳山小中学校設立
 昭和33.4  徳山中学校独立
 昭和33.12  寄宿舎の地鎮祭
 昭和34.5  門入生11名入舎
 昭和36.1  西谷分校の中3生徒4名本校入学固辞し、本校より派遣授業
 昭和36.4  完全統合
 昭和44.10  全国へき地教育研究大会の研究中心校となる

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ