戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆久灰野(くべの



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「妻」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:三納
/妻
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約410m
訪問:2013年8

 

 三財(さんざい)川の支流、蛇籠川の左岸高所にある。現在の立花(たちばな)発電所の対岸で、ピークからやや下方の傾斜が緩くなった部分。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では寒川(さぶかわ・さむかわ)に含まれている。
 集落で特定できた屋敷跡は2箇所だが、あと1、2箇所くらいの住居はあっただろうか。傾斜が緩いためかそれらしい平坦地が随所で見られる
。集落内では墓石が1基見つかり(写真6)、中武氏の名や戒名、「嘉永六巳年 横野村」といった文字が見られた。
 なお『三財の歴史』の寒川の節において、「もともと寒川と三財の往来は、立花から駄留を経て小豆野(あずきの)に至る、兎道ほどの小径に頼る以外になかったのである」との記述があるが、古い地図を見る限り当地も含めた道筋となっている(駄留―久灰野―(現在の発電所)―立花―寒川

 


写真1 
立花付近より集落を望む(写真中央)
(以下赤い部分はフィルムの感光)

写真2 屋敷跡

写真3 写真2そばの深い穴(井戸?)

写真4 屋敷跡

写真5 屋敷跡?

写真6 墓

写真7 平坦地

写真8 平坦地

写真9 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ