戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆折登(おりと/オット



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「尾鈴山」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:瓢丹淵/尾鈴山
アクセント:オリト・オット
形態:川沿いに家屋が散らばる
標高:約210m
訪問:2013年8

 

 三納川の上流部にある。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では三納(みのう)および片内(かたうち)の境界上に位置している
 訪問は折登林道より。林道から地名表記のある川の蛇行部へ向かって降りると、屋敷跡と墓地を確認。墓には「天保十四年」「寛政五巳天」などどある。川沿いには古い道も残されている。さらに上流へ向かうと、蛇行部の先端で何かの遺構(写真8)や農地跡と思われる広い平坦地が見られた。また川を渡り小さな支流沿いを少し登ると、ここでも屋敷跡と見られる平坦地と墓地が確認できた(地図画像の「登」の字の下)。
 古い地図では大きな支流沿いにも建物が見られるが(左上)、こちらは未訪問。折登に含まれるかも不明。

 


写真1 屋敷跡の石垣

写真2 屋敷跡にて

写真3 墓地

写真4 墓石

写真5 炭焼き窯跡

写真6 何かの土台

写真7 川沿いの道

写真8 何かの遺構

写真9 農地跡?の平坦地

写真10 屋敷跡?の石垣

写真11 写真10そばの墓地

写真12 墓石。「釈 淨林塔」とある

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ