戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆野竹(のだけ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「加計」(昭和22.2)を使用したものである

在:安芸太田町下筒賀(しもつつが)
地形図:坪野
/加計
アクセント:ダケ
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約500m
訪問:2013年5

 

 大字下筒賀の南部にある。下筒賀の大部分は太田川の右岸南斜面になるが、一部が稜線を越え当集落を取り込んでいる。
 集落への道は下筒賀の辺森(へもり)集落および中筒賀(なかつつが)(筒賀村【現・安芸太田町】)の田之尻(たのしり)集落から通じている。辺森からは峠を越えることになるが距離は短い。
 訪問は辺森方面より。南の峠付近までは車道があり、ここから徒歩で下る。集落内は荒れており、1箇所の屋敷跡を特定するにとどまった。石垣や段々の土地が集落の跡を物語る。なお谷の対岸にも石垣が見られ集落の痕跡があるようだが、確認せず。
 地元の方(親しい人が野竹出身)の話によると、かつては3〜5軒くらい。僅かな田畑を作りながら、主に林業で暮らしていたという。かつて今寿(こんじゅ)庵という小規模な仏教施設があったが、移転後に正式に寺院となり今寿寺となっている。佐々木(ささき)家が多い。

 


写真1 道と屋敷跡?の石垣

写真2 屋敷跡?

写真3 何かの跡(農地?)

写真4 石垣

写真5 屋敷跡にて

写真6 何かの穴

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ