戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大山谷(おおやまだに・おおやまだん)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「日原」(昭和33.5)を使用したものである

所在:津和野町滝谷(たきだに)
地形図:石谷/日原
アクセント:オーヤマダン
形態:谷沿いに家屋が集まる

標高:約390m
訪問:(2015年8月)

 

 大字滝谷の東部、匹見(ひきみ)川左岸の支流沿いにある
 匹見町【現・益田市】小平のさらに上流に位置し、東の地蔵峠を越えると小滝滝谷(本滝)に至る。
 町史によると、昭和37年の時点で4戸。住民(寺戸氏。昭和38年当時84歳)の聞き取りがあり、「ほんの子供の頃家が六軒ありました。それからよそから三軒入ってきて一きり八軒ありましたが、今は前川と私のところの部屋本家と三軒になりました」などとある。
 2013年に下流の小平まで訪れたが、当初は小平の一部と認識していたため当地を訪れることはなかった。2015年、滝谷小滝の間にある林道より山を越えるルートで訪問を試みた。稜線までは順調に登ることができたが、集落側の斜面は灌木が生い茂り降りることができず。また小滝・地蔵峠を経由する古い道を利用しようとしたが、やはり藪により到達を諦めた。小平の再訪を避けるため別のルートを計画してしまったが、やはり小平
経由での訪問が適切と思われる。

 


(写真 稜線より谷を望む)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ