戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆河平(かわひら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「日原」(昭和33.5)を使用したものである

所在:津和野町滝谷(たきだに)
地形図:石谷/日原
アクセント:カワヒラ
形態:山中に家屋が散らばる

標高:本文参照
訪問:2015年8月

 

 大字滝谷の北部関ヶ原小平の間の山中にある。
 
町史によると、昭和37年の時点で1戸。「(
関ヶ原の上に)ウルシ・ホホズキ・ノタというのがありましたが、ホホズキ、ノタが絶えて一軒、…」との記述あり、河平を指すものと思われる。手持ちの古い地図でも標高約280m・340m・380mの3箇所に家屋が記されており、もとは3戸か。
 付近での聞き取りでは、分かるもので2、3軒。うち1軒は平川(ひらかわ)家。
 本来は関ヶ原より山中の道が通じていたようだが、現在はかなり荒廃していると思わる。しかし小平大山谷方面に通じる谷沿いの道より
上部に向かう道を発見することができ、屋敷跡1箇所にたどり着いた(おそらく最高地にあるもの)。周囲にも道が通じており、他の家にも通じているものと思われる。

 


写真1 屋敷跡(一段上の平坦地)

写真2 屋敷跡にて。農耕機械

写真3 同。遺構

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ